ミネルヴァ経営について

HOME» ミネルヴァ経営について »社長挨拶・プロフィール

ミネルヴァ経営について

社長挨拶・プロフィール

少しだけ、私のことを聞いてくださいますか

ミネルヴァ経営株式会社代表取締役の上船(うえふね)美和です。ミネルヴァ経営代表・経営コンサルタント上船美和

私の父は下請の自営業でした。
型枠大工といって、コンクリートを流し込む型を作るのが仕事です。
事務所はないので、家でよく図面を見ていたのを覚えています。

自営業には、定年がありません。
父は病気らしい病気をしたことがなく、70歳を過ぎてもまだ働いていました。

そんな父が、2003年7月、73歳でこの世を去りました。

仕事がある限り、週2日、3日でも働き続けるつもりでしたが、建設不況で、ぱったりと仕事が来なくなりました。
親方は仕事があれば、養う家族を抱えている30〜40代の人に優先的に仕事を回します。父の優先順位は最後です。

芋焼酎を飲むことと、クロスワードパズル雑誌で問題を解くぐらいしかこれといった趣味のない父は、仕事がなくなると、することが何もなくなってしまいました。
車も仕事用なので手放し、出かけることもなく家にいるという生活。

入院し、大腸ガンと診断されたときには、すでに末期でした。
手術していったんは回復したものの、予想より早く1年半後に再発し、再入院してちょうど1ヶ月後に、逝ってしまいました。

私自身が「うつ」状態になったのは、その数ヶ月前のこと。

最初の1ヶ月は明け方まで寝付けないほどの不眠、次の1ヶ月はいくら寝ても眠いという状態。
注意力低下で約束の時間を間違えたり、些細なことすら決断できないので、当然ですが仕事もうまくいきません。
家事もまったくやる気がしなくなり、洗濯物を溜め込み食事はコンビニ弁当で一日一食。

一日中、将来への不安や「なんで自分は…」という気もちに襲われ、ことあるごとに泣いたり怒り散らしたりしていました。

こうなった原因は、今にして思えば、経営の将来が見えないことから来る不安感にありました。

これらの経験から私は「人間は、イヤなことをしたり悩んだりすると病気になり、何もやることがなくなったら、死ぬ」と知りました。

経営の将来。自分でコントロールしたいじゃないですか

私が病気になったのと、父が亡くなったのと。
根本の原因は同じでした。

下請仕事をしていたこと。
そのため自分で経営をコントロールできず、将来を見渡すこともできないということ。
将来が見渡せないと、生きる意味や目的を失い、最終的には死に至ります。

2002年4月に起業してからほぼ1年の間、コンサルタント会社の下請仕事が
私の仕事のほとんどを占めていました。

下請だと、何もしなくても仕事が降ってくるのですから、こんなラクなことはありません。
でもその状況に甘えていると、いつかしっぺ返しを食らいます。

2003年に入って、その会社の社員の1人が倒れたため、その人の仕事が全部私に回ってきて一時的に儲かるようにはなったのですが、その状況が数ヶ月後に終わることは、見えていました。
抱えていたプロジェクトが終わり、新しい仕事も来ず、挙げ句の果て、2003年5月には「月間売上0円」を記録したのです。

下請仕事は、何一つ、自分でコントロールできません。
仕事内容、仕事の数や量、価格、納期・スケジュール…。

それでは、経営目標や計画など立てられようがありません。
今の仕事をただこなすだけで、将来が見渡せないのです。
将来不安から病気になったのは、必然といえます。

元請は、環境や状況が変わったら、蛇口を閉めるように、簡単に発注を止めてしまいます。
向こうも悪気があるわけではないし、申し訳ないとさえ思ってくれます。

でもしかたない。
環境が変わり、不況になったのですから。
状況が変わり、他に仕事をさせる先ができたわけですから。

私はそれから、手当たり次第にいろんな対策を講じました。
セミナーや勉強会を開催したり、ニューズレターを作って知り合いに発送したり、勉強会を主宰されている方にお願いして、講師として呼んでもらったり。

とある会報に2万円使って広告を出して、反応まったくなし、という苦い経験もしました。
主催セミナーに1人も応募がなく、中止に追い込まれたこともありました。

めくらめっぽうやってみる。
文字通り「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」です。

もしも、ランチェスター戦略で導いてくれる「コーチ」がいたら…

なんとかやっていけるようになった2004年10月、ランチェスター戦略と出会ったのです。
そして、私がこれまでやっていたことは、戦略なき「なりゆき経営」だったと気がつきました。
運を天に任せる下請依存経営も、下手な鉄砲も…という思いつき経営も、戦略がない、なりゆき経営であることは同じです。

「脱・下請」をめざして必死でやってきた結果、うまくいってはいましたが、それはしょせん「たまたま」うまくいっただけだったのです。
「たまたま」ですから長続きはしません。
いつまた、もとに戻るかもしれないのです。

案の定、2005年に入って、大口の契約が終了し、一気に売上は3割もダウンしました。
もとの売上に戻るまでには、かなりの時間を要したわけですが、今度は、下請に頼りながら「そのうち切られる時が来る…」と不安がっていた頃と違い、私の中には、不安はまったくありませんでした。

今度はしっかりした柱、ぶれることのない核を手にしていたからです。

もしもあの頃に、不安から「うつ」にまでなってしまったあの頃に「ランチェスター戦略」と出会っていたら…。
「コーチ」としてだけではなく、正しい経営戦略理論にもとづいて、アドバイスしてくれる人がいたら…。
(その頃も、日本トップクラスの「コーチ」をつけていましたが、経営不安からくる「うつ」には、一般的なコーチングはまったく無力でした。)

あなたには、そんな苦しい経験を、して欲しくないのです。
経営不安から「うつ」になるなんて、もう、私で終わりにしたいのです。

そんな思いから、中小企業の経営者に的を絞って、コーチング手法を用い対話し、ランチェスター戦略をベースに、マーケティング理論と自社の実践によって検証した独自の営業戦略体系「草食系マーケティング」にもとづきアドバイスするコンサルティングサービスを作り上げました。

あなたが、かつての私のような状態になる前に(ひょっとしたら、もうなっているでしょうか?)私のところへ来られて、本当によかったと思います。

私には、経営についてアドバイスしてくれる人はいませんでしたが、あなたには、私がいるからです。

私はあなたに、経営をコントロールできるようになってもらい、経営者としての自信をつけてもらい、家族や社員さんにも幸せになってもらい、あなた自身に幸せになってもらいたい、と思っています。

小さな会社が経営の自己コントロール力を削がれたまま、下請にとどまり、苦しみ、将来への展望を描けず悩んでいる。そんな世の中がいいわけがありません。

以下は、ご夫婦で小さな会社をされている方に私が言ったことばです。

儲けましょう!
儲けて、せめて社長が7〜800万円、給料もらえるようにしましょう。
サラリーマンだって、600万円ぐらいもらっているんですよ。
その上彼らは、退職金や失業の補償がある。
私は、小さな会社の経営者に、負けて欲しくないんです。
社長なんだから社長らしい生活して欲しいんです。
幸せになって欲しいんです。
経営者よりサラリーマンのほうが幸せだなんて
夢がないじゃないですか!

長い文章、読んでくださりありがとうございました。
今度はぜひ、あなたの話もお聞かせください。

お電話での問合せもお気軽に TEL 06-6232-8515

 

上船美和略歴

略歴 大阪府豊中市在住。中小企業診断士

都市計画コンサルタント、食品流通会社を経て、中小企業診断士資格取得後、経営コンサルタント会社に勤務。中小企業の経営戦略・経営計画策定や人事制度構築サポートに従事。
2002年C&Cマネジメント創業。2004年大阪市中央区南船場に事務所移転。2010年ミネルヴァ経営合同会社を設立、2015年株式会社に組織変更し代表取締役に就任。同年、大阪市北区東天満に移転。

女性では数少ない、営業戦略専門の経営コンサルタント。営業戦略構築からホームページ、広告、DM、テレマーケティングなど営業ツール制作や営業方法の実践まで、幅広く、かつきめ細かいコンサルティングをおこなっている「草食系企業の売上アップサポーター」。

コーチングの手法で考えを引き出した上で的を射たアドバイスをおこなう独自のコンサルティングスタイルに特徴。「コーチング」がほとんど知られていなかった2000年から3年間、国際コーチ連盟認定コーチ養成プログラムであるCTP(コーチトレーニングプログラム)を学び、国際コーチ連盟の日本でのチャプター(支部)である日本コーチ協会において大阪支部 (現・大阪チャプター)発足時に副支部長(現・副代表)を務めた、コーチングのパイオニアでもある。

webを駆使した営業にも造詣が深く、2009年にはホームページ制作事業に参入。ブログ・Twitter・Facebookに関する講演もおこなっている。

2011年には女性スタッフにこだわった営業代行事業を開始。営業のノウハウ・人材両方が不足している企業に対し、まずコンサルティングした上で、戦略・システム・スキルの「3S営業」をおこなう独自のスタイルで事業拡大中。スタッフは営業職未経験の者も多いが、ビジネス経験豊富で意欲が高く、コミュニケーション力の優れた30代~50代の大人女性が中心。2015年現在、社長もスタッフも女性の営業代行会社は関西では1社のみとなっている。

自治体・商工会議所・商工会・各種団体・企業での講演・セミナー・研修も積極的に引き受けており、親しみやすい語り口と豊富な事例を交えた分かりやすい内容が好評を得ている。

2005年、読売新聞「ベンチャー新世紀」にコーチングで起業した女性起業家として大きな写真つきで掲載される。100人の女性起業家による共著「輝く女性の生き方100」はサイバーエージェント藤田晋社長の「渋谷ではたらく社長の告白」を抑えアマゾン売上ランキング総合1位を獲得。

1人で子育てをしながら経営コンサルタントとなり起業して、コンサルティング、ホームページ制作、営業代行へと事業を広げている女性起業家。

コンサルティングとセミナー等の実績はこちら
資格 中小企業診断士
所属団体 大阪府中小企業家同友会
大阪商工会議所
公職 吹田市優良ビジネスプラン実施事業所認定会議委員
ニックネーム みわっち
趣味 スイミング、フィットネス・トレーニング、ヨガ、テレビ、カラオケ、お酒(日本酒)
スター チョウ・ユンファ(香港の俳優)
ファン 阪神タイガース
モットー バット振らな当たらへんで!!
座右の銘 犬も歩けば棒に当たる、即断即決即行動
ライフワーク まじめに頑張っている中小企業を支援する
ワーキング(シングル)マザーを支援する
and more…

とても長いんだけどかなり短くしたプロフィール

1990 こんな私でも即採用してくれた有機野菜・食品の卸・宅配会社に入社
1995 このままじゃいかんと思い、中小企業診断士の勉強を始める
1997 2年半の勉強の末、中小企業診断士(商業部門)合格
1998 数社不採用の末、中小企業専門の小さな経営コンサルタント会社に入社
2000 コーチングを学び始める
2002 C&Cマネジメント創業、でも下請に甘んじる
2003 「うつ」状態になり月売上0円を記録。そこから直請け仕事でV字回復
2004 ランチェスター戦略を学び、自社経営とコンサルティングに取り入れる
2009 ホームページ制作事業を開始
2010 「草食系マーケティング」を提唱。ミネルヴァ経営合同会社を設立
2011 
営業代行事業を開始
2015 株式会社に組織変更しミネルヴァ経営株式会社代表取締役に就任。大阪市北区東天満に移転。

お電話での問合せもお気軽に TEL 06-6232-8515

 

2015/09/02

ミネルヴァ経営について

最新情報

営業戦略セミナー・講演・研修

女性による営業戦略コンサルティング

女性による営業代行 “第2営業部”

営業戦略コンサルのホームページ制作

草食系トップ営業ウーマン講座

経営相談事例集

経営理念基礎知識

営業戦略基礎知識

営業手法基礎知識

その他

お問合せ

ミネルヴァ経営株式会社
〒530-0044 大阪市北区東天満2-9-4 
千代田ビル東館4F
 TEL:06-6232-8515
(月--金9:30--17:30受付)
 FAX:06-6232-8516
(365日24時間受付)

Google+
 

男女いきいき元気宣言マーク

ミネルヴァ経営は大阪府[男女いきいき元気宣言]登録企業です。子育て中の女性の活用を推進していきます。

HOME

管理画面